監修

しぶかわ歯科クリニック
院長:渋川 直也
住所:〒135-0004
東京都江東区森下4-7-8
電話:03-3846-8461

床装置を入れる時間

装置は毎日14時間以上入れましょう 装置は毎日14時間以上入れましょう
装置は一日の入れている時間が全部合わせて14時間以上になるようにしましょう。入れている時間が長ければ長い程良い結果が得られます。歯は戻ろうとする時間が強いので、一日の半分(12時間)以上外していると歯が戻ってしまいます。

すると歯は戻って装置だけ広がった状態になり、歯と装置が合わなくなってきます。こうなると、歯が動かず矯正が進まない、装置が壊れるなどのトラブルが起こってきます。
広げた歯も・・・装置を外すと歯はもとに戻ろうとします
入れる時 入れる時
寝ている時、家にいる時、テレビやゲーム時、
勉強している時(塾なども)、遊ぶ時や部活の時など
line
外す時 外す時
食べる時、飲み物を飲む時、歯磨きをする時、
学校や習い事で発音障害を感じる時
(音楽、英語、国語など)、いじめを感じた時など
◆ 一日のうち装置を入れる・ネジを巻くタイミング ◆
毎日同じ時間で入れると、入れ忘れが防げます。
(これは一例ですので自分の生活に合わせて下さい。)
line
例)小学生の場合は・・・(夕方4時頃までに帰宅する場合)
家にいる時間に装置を入れましょう(飲んだり食べたりする以外)。
これでだいたい14時間くらいです。学校に持っていくと、
壊したりなくしたりしやすいので、できるだけ家にいる時間にしましょう。
例)小学生の場合
line
例)中学生の場合は・・・(夕方6時以降に帰宅する場合)
家にいる間と寝ている時間では足りませんので、学校の午前中にも入れましょう。
例)中学生の場合
line
例)大学生、成人の場合は・・・
家にいる時間と寝ている時間では足りませんので、
大学や職場でも入れるようにしましょう。通勤・通学時間や昼休みなどの
「スキマ時間」を見つけてマメに入れることが矯正への成功の道です。
◆ 床装置を入れる時間 よくある質問 ◆
☆入れる時間
Q1.塾や習い事、スポーツの場合は装置を外した方が良いですか?
Q2.風邪をひいて装置が入れられなかった、学校行事で外していた時などで
入れる時間が短かった場合はどうすればよいですか?

Q3.寝ている時しか入れなくても装置は効きますか?
line
Q1.塾や習い事、スポーツの場合は装置を外した方が良いですか?

A1.本人に支障がなければ入れておきましょう。スポーツ時になくしそうになる、英会話が話しにくい、楽器の演奏が出来ないなどの場合は外して他の時間に入れましょう。
line
Q2.風邪をひいて装置が入れられなかった、学校行事で外していた時などで入れる時間が短かった場合はどうすればよいですか?

A2.装置がぴったり合っているか確認してください。装置が合わなくなっている場合は、ネジを巻き戻してぴったりくるところから始めましょう。
line
Q3.寝ている時しか入れなくても装置は効きますか?

A3.効きません。このような状態では装置が合わなくなって治療が進みません。必ず14時間以上入れましょう。装置は入れている時間だけ効果があるのではありません。12時間以上で効果が出てきます。
ファンタイプ
 
歯が動く為に何時間必要かを表すグラフがあります。(歯の移動効率%×力の作用時間h)これによると、装置を入れる時間が長い程、歯は移動しやすくなりますが、6時間以下だと全く動きません。寝ている時間のみの装着は装置を入れていない事と同じになりますので、すぐに合わなくなります。